[MiniDisc] ディスク認識が遅い [ALL ERASE]

2022年8月25日

>>コメント欄は各記事の最下部<<



ジャンクで手に入れた、中古のMiniDisc。

TDKの白を、SONYのMDデッキである、MDS-S37(正常動作品)に入れてみる。

MDS-S37
↑MDS-S37(1996年)

「TOC Reading」

「BLANK DISC」だが、認識が遅い!

再度…

遅い!

「ALL ERASE」で、全削除を行う。

今度はどうか…

認識が早くなった。

再度…

確かに早くなっている。

次は、SONYの黒。

同様に、認識が遅い!

「ALL ERASE」で全削除を行う。

認識が早くなった。

【計測結果(平均)】
TDK(白):14.66→4.98秒
SONY(黒):14.66→5.10秒

なお、MDS-S38でも、全削除前は認識が遅かったので、デッキの個体差ではない。

本現象の原因は何?

MiniDiscの規格は同じはずなので、差があるのは変な話だと思うが…

「BLANK DISC」なので、既に他機で「ALL ERASE」されているはず。

「BLANK DISC」なので、MDLPは関係ないはず。

最初の状態(「BLANK DISC」)と、「ALL ERASE」後は、データ的に異なるのか?

関連:MD(MiniDisc)の信頼性

関連:[SONY] MDS-S37のレビュー [MiniDisc]

関連:[SONY] MDS-S38のレビュー [MiniDisc]

関連:[SONY] CDP-S35とMDS-S37 [CD/MD]



2022年8月25日

Posted by nakamura