[SONY] TC-RX715のメイン基板 [1994年発売]

2022年10月12日

>>コメント欄は各記事の最下部<<



動作動画

関連:[SONY] TC-RX715(1994年発売) [39,800円]

TC-RX715

TC-RX715(1994年発売)のメイン基板について。

基板_TC-RX715_表
↑TC-RX715基板(表)

基板_TC-RX715_裏
↑TC-RX715基板(裏)

ハンダ割れ

LINE IN/OUT端子の根元

LINE端子の根元_TC-RX715
↑この基板では割れは見られない

J301:1-573-070-11 JACK,PIN 4P

RCAケーブルの抜き差しによりジャックが動き、ハンダ割れを生じることがある。

LINE端子_TC-RX715

その他、基板裏面をシッカリ見て、ハンダ割れやハンダ不良がないか確認すること。

その結果、以下のようなハンダ不良が発見された。

ハンダ不良_TC-RX715

通電はしているが、ハンダがほとんど盛られていない。

発熱箇所

(基板左上:外装背面に接触させての放熱)

外装背面に接触させての放熱_TC-RX715

Q703:8-729-141-83 TRANSISTOR 2SA473
Q704:8-729-209-15 TRANSISTOR 2SD2012
Q708:8-729-141-83 TRANSISTOR 2SA473

Q703_Q704_Q708_TC-RX715

通電中の本体に触れた時に背面が暖かいのはこの部分。

-----

(基板左中:放熱支援なし)

Q705_TC-RX715

Q705:8-729-209-15 TRANSISTOR 2SD2012

-----

(基板左中:放熱支援なし)

D724_TC-RX715

D724:8-719-312-09 DIODE RBA-402 ブリッジダイオード

-----

(基板下中:金属板にネジ止めしての放熱)

IC803_BA6219B_TC-RX715

IC803:8-759-973-95 IC BA6219B(ROHMのReversible Motor Driver)

逆回転付モータードライブ

この金属板は銅色だが、銅ではなく鉄である。

可変抵抗

以下の9個のVARIABLE RESISTER(可変抵抗)がある。

Playback Level Adjustment

RV101_RV201_TC-RX715

(位置:中央右下)

RV101(PB L):1-241-630-11 RES,ADJ,CARBON,10K
RV201(PB R):1-241-630-11 RES,ADJ,CARBON,10K

-----

Record Level Adjustment

RV102_RV202_TC-RX715

(位置:右上)

RV102(REC L):1-241-630-11 RES,ADJ,CARBON,10K
RV202(REC L):1-241-630-11 RES,ADJ,CARBON,10K

-----

Bias Current Consumption Adjustment

RV103_RV203_TC-RX715

(位置:右下)

RV103(BIAS L):1-241-631-11 RES,ADJ,CARBON,22K
RV203(BIAS R):1-241-631-11 RES,ADJ,CARBON,22K

-----

Rec EQ(IV) Adjustment

RV104_RV204_TC-RX715

(位置:LINE IN/OUT付近)

RV104(RecEQ L):1-238-019-11 RES,ADJ,CARBON,47K
RV204(RecEQ R):1-238-019-11 RES,ADJ,CARBON,47K

-----

クイックリバース

(位置:中央)

RV801_TC-RX715

RV801(QuickReverse):1-238-019-11 RES,ADJ,CARBON,47K

関連:[SONY] クイックリバース(QUICK REVERSE) [カセットデッキ]

TC-RX715の前機種であるTC-RX711(1993年発売)、兄弟機のTC-RX1000T(1994年から2003年8月まで生産)の基板も、同様かと思われる。

TC-RX1000T_カタログ
↑TC-RX1000T(全国点字図書館協議会推奨)

関連:[SONY] TC-RX715とTC-RX1000Tの比較 [兄弟機]

関連:[SONY] TC-RXシリーズの変遷と比較 [オートリバース機]



2022年10月12日

Posted by nakamura