[SONY] S.F EDIT(スケールファクターエディット)機能 [MiniDisc]

2022年1月5日

>>コメント欄は各記事の最下部<<



S.F EDIT(スケールファクターエディット)機能

様々なソースから録音したMDは、音量がバラバラで、再生時に、トラック毎にボリューム調整が必要となる。

録音後に音量の再調整ができるのが、S.F EDIT(スケールファクターエディット)機能である。

音量のパラメーターなので、フェードイン/フェードアウトも可能だ。

スケールファクターはATRACの仕様に盛り込まれているはず(MDLPでは削除)だが、S.F EDIT機能を搭載した機種は多くはない。

S.F EDIT機能搭載機種

MDS-S50(2000年) 39,000円
 ATRAC Type-R(MDLP対応)

MDS-PC3(2000年) 49,000円
 ATRAC Type-R(MDLP対応)

MDS-JE640(2000年) 49,000円
 ATRAC Type-R(MDLP対応)

MDS-JB940(2000年) 69,000円
 ATRAC Type-R(MDLP対応)

MDS-JA333ES(2000年) 100,000円
 ATRAC Type-R(MDLP対応)

MDS-JE770(2001年) オープン価格
ATRAC Type-R(MDLP対応)

MDS-JE780(2002年) オープン価格
 ATRAC TYPE-S MDLP対応

MDS-S500(2003年) 44,000円
 ATRAC TYPE-S MDLP対応

MDS-JE580(2005年) 50,000円
 ATRAC TYPE-S MDLP対応

MDS-E10/8 75,000円 業務用
 ATRAC Type-R(MDLP対応)

MDS-E12/8 90,000円 業務用
 ATRAC Type-R(MDLP対応)

S.F EDIT機能

(MDS-JE580の取扱説明書より)

録音後に録音レベルを変更する(S.F EDIT)

録音済の曲の音声レベルを変更することができます。

元の曲は新しい録音レベルで上書きされます。

また、録音済の曲にフェードイン/フェードアウトを設定すると、曲の頭が次第に大きく再生される曲や、曲の最後の次第に大きく再生される曲を作ることができます。

MDLP録音された曲の録音レベルを変更(S.F EDIT)することはできません。

再生される音を聴きながら、AMSつまみを回して、録音レベルを変更する。

-12dBから+12dBの範囲内(2dB単位)で変更できます。

再生レベルが一番高い時に、ピークレベルメーターの「OVER」が常に点灯した状態にならないように調節します。

曲の書き換えが始まります。

書き換え中は、「S.F Edit:**%」が表示されます。

曲の書き換えには、その曲の再生時間とほぼ同じかそれ以上の時間がかかります。

書き換えが終わると、「Complete!」が数秒間表示されます。

S.F EDITを使って何度も変更すると音質が劣化します。

S.F EDITを使って変更した曲を、再び元のレベルに戻しても、完全に元の録音レベルには戻りません。

S.F EDITを使って変更した曲は、UNDO機能を使って、元の状態に戻すことはできません。

-----

全曲をスキャンして整えてくれるのではなく、1曲1曲、聴きながらの手作業なので、実用にはならないね…

関連:[SONY] ATRACのバージョン [MiniDisc]

関連:[SONY] MDデッキと対応リモコン一覧 [MiniDisc]

関連:MD(MiniDisc)の信頼性

関連:[SONY] CDP-S35とMDS-S37 [CD/MD]

関連:[SONY] MDS-S38のレビュー [MiniDisc]



2022年1月5日

Posted by nakamura