[SONY] カセットデッキ 総合カタログ [1982年8月]

2022年10月15日

>>コメント欄は各記事の最下部<<



1982年8月のカタログ(紙)に載っていた機種を挙げる。

1982年(昭和57年)のイベント

・SONYが世界初のCDプレーヤー「CDP-101」発売(1982年10月1日)

CDP-101_カタログ
↑CDP-101 168,000円

・鈴木善幸首相退陣表明→中曽根康弘へ
・「森田一義アワー 笑っていいとも!」放送開始(→2014年3月31日放送終了)
・ホテルニュージャパン火災
・NECが「PC-9801」発売
・東北新幹線 大宮駅-盛岡駅間開業
・国鉄のリニアモーターカーが世界初の有人浮上走行実験に成功
・中央自動車道が全線開通
・米映画「E.T.」日本で公開
・森永製菓「おっとっと」発売
・電電公社がカード式公衆電話を設置、同時にテレホンカードも発売

・あみん「待つわ
・岩崎宏美「聖母たちのララバイ
・細川たかし「北酒場
・松田聖子「赤いスイートピー
・忌野清志郎+坂本龍一「い・け・な・いルージュマジック
・嶋大輔「男の勲章
・中森明菜「少女A
・高樹澪「ダンスはうまく踊れない

1982年

TC-K555_カタログ
TC-K555(1981年) 79,800円

TC-FX77_カタログ
↑TC-FX77(1981年) 69,800円

TC-FX1010_カタログ
↑TC-FX1010(1981年) 108,000円

TC-FX500R
↑TC-FX500R(1982年) 54,800円 新製品

関連:[SONY] TC-FX500R(1982年発売)のレビュー [カセットデッキ]

TC-FX33_カタログ
↑TC-FX33(1982年) 37,800円 新製品

TC-FX66_カタログ
TC-FX66(1981年) 59,800円

TC-FX7_カタログ
↑TC-FX7(1980年) 79,800円

TC-YX7_カタログ
↑TC-YX7(1981年) 57,000円

TC-FX20_カタログ
↑TC-FX20(1981年) 41,800円

TC-FX2_カタログ
↑TC-FX2(1981年) 36,800円

TC-D5M_カタログ
TC-D5M(1980年) 105,000円

TC-PB5_カタログ
↑TC-PB5(1981年) 37,800円 再生専用

TC-FX6C_カタログ
↑TC-FX6C(1981年) 69,800円

TC-FX6_カタログ
TC-FX6(1980年) 59,800円

TC-FX5_カタログ
↑TC-FX5(1980年) 49,800円

TC-FX4_カタログ
↑TC-FX4(1980年) 43,800円

・PCM-F1 250,000円 ポータブルPCMデジタルオーディオ・プロセッサー
・ベータマックス F1 199,000円 ポータブルビデオカセットレコーダー

・MX-1000 48,000円 ステレオ・マイクロホンアンプ

NR-500_カタログ
↑NR-500 29,800円 ドルビーNR Cタイププロセッサー

・XO-1001 128,000円 ステレオ・デッキレシーバー FM/AM
・XO-7 105,000円 ステレオ・デッキレシーバー FM/AM
・XO-5 79,800円 ステレオ・デッキレシーバー FM/AM/SW(短波)
・XO-3 59,800円 ステレオ・デッキレシーバー FM/AM/SW(短波)

状況

1980年代半ばのカセットデッキ全盛期に向かっていく。

関連:他のカタログ一覧

関連:2022年時点でも新品で手に入るカセットデッキやラジカセ、カセットテープ、クリーニングキット

関連:[SONY] カセットデッキの修理について [サービスセンター]

関連:長岡鉄男 ダイナミック大賞 カセットデッキ

関連:[SONY] ESシリーズの変遷と比較(ESG→ESL→ESA→ESJ→KA*ES) [カセットデッキ]

関連:[SONY] TC-RXシリーズの変遷と比較 [オートリバース機]



2022年10月15日

Posted by nakamura