[HIDISC] 劣悪低質テープをES機で使った結果 [TC-K222ESJ]

2022年1月5日

>>コメント欄は各記事の最下部<<



劣悪低質で有名な、HIDISCのカセットテープ(HDAT60N10P2)。

関連:[磁気研究所] 劣悪とウワサのHIDISCのカセットテープ HDAT60N10P2(60分) [HIDISC]

使った結果は上記の動画/記事の通り「高音が顕著に落ちる」だが、この時はAUTO CALIBRATIONを使ったものだった。

今回、再度このテープにTC-K222ESJで録音してみたが、AUTO CALIBRATIONは無視し、BIASを浅くしてやると、それなりに高音が出るようになった。

だが、やはり音が不安定というか、時々、左右に揺れることがある。

これは、テープが不均一なためだろう。

この録音済テープをTC-K710Sで再生すると、TC-K222ESJでの再生とは比較にならないほど、音がフラフラ。

# フラつきなので、テープのアジマスが原因ではない。

テープの質が低い分、クローズドループ デュアルキャプスタン(テープ送りの安定)が効いて補われたと感じるが、どうだろう?

同じテープにTC-K710Sで録音し、TC-K710Sで再生して比べてみないとハッキリしないけど。

以下でも書いたように、TC-K710Sはピンチローラーが右側だけの機種だが、クォーツロックサーボによる正確なテープ送りが可能(ココ重要)で、テープがまともなもの(マクセルのURで十分)なら、ES機に迫る。

ということで、クローズドループ デュアルキャプスタンは低質テープでも有効?ということだが、ヘッドへの悪影響もあるので、低質テープのためにES機を買うのはオススメしない(笑)。

関連:[SONY] 3ヘッド機対決(比較) [TC-K222ESJ,TC-K710S,TC-K700S]

関連:[磁気研究所] 劣悪とウワサのHIDISCのカセットテープ HDAT60N10P2(60分) [HIDISC]

関連:HDAT60N10P2(60分×10本)

関連:磁気研究所 カセットテープ 10分×10本

関連:磁気研究所 カセットテープ 90分×4本

関連:磁気研究所 カセットテープ 120分×4本

関連:磁気研究所 カセットテープ 120分×10本

関連:HDAT60N10P2(60分×10本×5パック)



2022年1月5日

Posted by nakamura