K270,K275,K295,K230(ロジクール)の脚(スタンド)が折れた場合の対処

2022年8月14日

>>コメント欄は各記事の最下部<<



ロジクールのキーボードであるK270の脚がスグに折れる件。

以下の動画では挟口25mmのを使っているが、

2022年時点のダイソーでは、挟口32mmのがフィットする。

クリップ

10個で税込110円。

クリップ
↑(左)32mmと25mm(右)

上の写真のように、脚の大きさが違うが、挟口32mmのも問題なく装着可能。

脚の太さも、1.6mm(挟口32mm)と1.4mm(挟口25mm)と、挟口32mmの方が太いので、挟口32mmの方が、打鍵に対して安定するだろう。

クリップ1個で2本の脚が得られるので、クリップの数は挟口25mm(20個)の半分であるが、脚が目的なら、数は十分だろう。

動画で解説した、挟口25mmの設置部分に収縮チューブを被せ、加熱し収縮させ、机に傷が付かないように改良してある。

クリップ

なお、K270の色違いであるK275も持っているが、脚の構造及び弱さは同じである。

クリップなんか不格好で嫌!という人は、何と!互換品の脚が売られている!

互換脚

関連:互換脚 K270 K260 K275 K200用

関連:互換脚 K270 K260 K275 K200 MK260 MK270 MK275 MK200用

ただ、2個で900円前後もするので、2千円以下のキーボードの、しかも見えない部分に対し、そんなに掛けるのかは人それぞれだが、交換したところでプラスチックなので、どうせスグに折れるだろう。

さて、残った黒い金属の活用方法は?

クリップ

名刺やカードを挟み、立てたりできるけど…




2022年8月14日

Posted by nakamura