[JMH] 短波でFAXを受信する(ラジオファクシミリ) [気象無線模写通報]

>>コメント欄は各記事の最下部<<



2022年3月12日 22時00分-
JMH(気象無線模写通報) 3.6206MHz USB

まず、気象無線模写通報スケジュールを確認する。

XHDATA D-808ApexRadio 303WA-2を接続する。

ラジオファクシミリ

3620kHz(JMH,日本気象FAX)をUSBで受信し、信号音が聴こえるようにする。

ラジオファクシミリ

SBDMUPX経由で、音をPCに入れる。

ラジオファクシミリ

KG-FAXを起動し、入力デバイスでSBDMUPXを選択する。

ラジオファクシミリ

音量が大きいと山がハッキリしなくなるので、

ラジオファクシミリ

ラジオ及びPCで音量を適度に下げる。

ラジオファクシミリ

信号の山が右側の点線の少し左で、かつ、同期検出と同期補足のランプが点くように、FINE TUNEを回す。

ラジオファクシミリ

理想は点滅ではなく、常時点灯。

ラジオファクシミリ

「掃引」をクリックすると、徐々に絵が出てくる。

ラジオファクシミリ

受信速度は、以下のように非常に遅い。

1頁受信するのに18分かかっている。

受信状況は徐々に変化していくので、都度FINE TUNEを合わせ直す必要がある。

ラジオファクシミリ

アナログ(DSPではない)ICF-SW7600Gよりも、XHDATA D-808の方が山がハッキリしており、適する。

ラジオファクシミリ


関連:[Creative] SBDMUPX(Sound Blaster Digital Music PX) レビュー [SCMS]



Posted by nakamura