[SONY] TC-RX77(1991年発売) [39,800円]

>>コメント欄は各記事の最下部<<



開閉(OPEN/CLOSE)

早送り(Fast-Forward)

巻き戻し(Fast-Rewind)

再生(正方向) Play(Fwd)

再生(逆方向) Play(Rev)

メモリー(Memory)

リセット(Reset)

FADER(電動REC LEVEL)

ARL(Auto Rec Level)をONにしておくと、音量に応じてREC LEVELを自動で調整してくれる。

DISPLAY MODE(本体でも可)

[全灯][時間のみ][消灯]の3パターン

カセットリッド

PC-OCC レーザーアモルファスヘッド

前機種(TC-RX70)と比べて

良い点
・FL管が大きくなり、表示内容も増加
・ヘッドホンボリュームが付いた
・消費電力が5W減少(21W→16W)

悪い点
・カセットホルダーが引込式ではなくなった

デザインは、TC-RX70は80年代風を残していたが、TC-RX77は現代風(謎)になった。

翌年には、次機種のTC-RX79が登場する。

TC-RX79は、最後の左メカである。

関連:[SONY] TC-RX77(1991年発売) レビュー [カセットデッキ]

関連:[SONY] TC-RX70(1990年発売) レビュー [カセットデッキ]



Posted by nakamura