[SONY] TC-K710Sのコンデンサ劣化調査 [カセットデッキ]

2022年12月4日

>>コメント欄は各記事の最下部<<



電子部品の中では、劣化しやすいとされている、コンデンサ(キャパシタ)。

一説には「15年程度が寿命」とある。

カセットデッキにも、多数のコンデンサが使われている。

製造から25年程度が経過しているであろう、SONYのTC-K710S

関連:TC-K710S

その電源(POWER)部のコンデンサ(14個)を調べてみた。

本来は、全部取り外して調べるべきなのだろうが、非常に面倒なので(笑)、先日改良した電子部品チェッカーで基板に載った状態で調べる。

結果…

(μ→uで表記)

C815 25V 6800uF → 7365uF
C817 16V 2200uF → 2145uF
C816 50V 100uF → ?
C806 25V 47uF(ELNA) → ?
C809 10V 2200uF → 2351uF
C808 10V 2200uF → 2383uF
C803 16V 2200uF → 2087uF
C804 16V 2200uF → 2109uF
C811 16V 3300uF(ELNA) → 3443uF
C818 50V 100uF → 98.14uF
C819 35V 47uF(ELNA) → 47.42uF
C814 6.3V 1000uF → 993.7uF
C810 50V 10uF → ?
C813 50V 10uF → ?

「?」とある4個は、「ダイオード」となり、正常に測れないもの。

C816 50V 100uF → ?
C806 25V 47uF(ELNA) → ?
C810 50V 10uF → ?
C813 50V 10uF → ?

これらに関しては、面倒だが、取り外して調べた。

結果…

C816 50V 100uF → 正常
C806 25V 47uF(ELNA) → 正常
C810 50V 10uF → 正常
C813 50V 10uF → 正常

4個とも正常であった。

ということで、載せたまま測るのはNGだろうが、異常なしという結論でOK?

もちろん、電源部以外にもコンデンサは使われているが、電源部に比べ負荷は小さいと思われるので、本機に関しては、コンデンサを交換する必要はない?

コンデンサの「15年寿命説」は何なのか?

40年以上が経過しているラジオのコンデンサも問題ないものがあるので、50年どころか、100年持ってもおかしくない?

まぁ、場所や負荷によっては1年でダメになるだろうし、質の低いコンデンサなら、低負荷でもダメになるだろう。

ということで、「15年寿命説」は何の基準にもならない。

今回の調査の発端は、FL管(蛍光表示管)にあるのだが、それはまた別の動画で…

関連:電子部品テスター(LCR-T4)での調査

関連:SONY TC-K710S 1995年発売

関連:LCR-T4組立レビュー

関連:LCR-T4使用レビュー

関連:電子部品テスター ケース付

関連:小型変圧器

関連:ナットドライバー(D-840-5.5)



2022年12月4日

Posted by nakamura