[磁気研究所] 異音のするカセットテープ [HIDISC]

2022年1月5日

>>コメント欄は各記事の最下部<<



以前購入した、磁気研究所のカセットテープ。

音質は、やはり「HIDISC/廃DISC」であるが、

それ以外にも問題が。

再生させると「キュキュル」と音がする。

どこかで擦っているような音で、かなり気になる。

巻き直しても同じで、他のデッキでも鳴る。

また、リッドオープン時に引っかかることがある。

ハーフの成型が悪いのだろう。

中華製ハーフについてのコメントを思い出した。

-----

中国製のハーフはいただけませんね。
私の体験ですが、テープを再生中にあるところで止まってしまう。
中を開けてみたら、窓のところにバリがあり、どうやらこれがテープに引っかかってその抵抗で止まってしまったようだ。
巻取り側は時間が経つと径が増えるので、そこで引っかかる。
カッターでそのバリを削って、普通に再生できるようになった。
中華製のハーフとはそのようなものです。

-----

中華製のハーフはプラスチック成形が悪いです。
A面B面の合わせ部分を指で撫でると段差があり、指に引っかかります。
恐らく金型の老朽化で劣化しているのかもしれませんね。
1980年代の日本製は合わせ部分がツルツルですよ。

-----

この異音、どこで鳴っているのだろう?

ハブか、左右下角のローラー?

摩擦が生じる部分でグリスを付けられる場所は、ローラーの軸しかない。
(その他はテープにも付いてしまう恐れ)

ローラーの軸にグリスを付けてみよう。

シリコングリースメイト

関連:シリコングリースメイト ペースト

軸が錆びてる…

両方の軸にグリスを付けて動作を確認する。

異音はなくなったみたい。

取り出しは相変わらずダメだが。

リッドが開かないのは、テープ検出部が怪しいと思われたが、

ハブの中央が原因のようだ。

ココが当たっている模様。

他のカセットでは問題ないので、デッキは問題ないのだろう。

突起の長さが不均一で、長いのが上に来ると当たってしまう?

スムーズに出る時と出ない時があるが、そのランダム性にも説明が付く。

よって、長い部分をヤスリで削ると解決するかもしれないが、

それ以前に、どんな低質な製品だ!(笑)

関連:[磁気研究所] 劣悪とウワサのHIDISCのカセットテープ HDAT60N10P2(60分) [HIDISC]

で、磁気研究所の国産テープ計画はどうなったの?

関連:カセットテープの国内生産(2021年5月以降に技術維持生産)



2022年1月5日

Posted by nakamura